【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】使ってみた

中の人からメッセージが来たので、せっかくだから俺はこの赤の

MiniTool ShadowMaker Free 3.0を使ってみる。

 

【MiniTool ShadowMaker】メッセージが来た

 

使ったことがあるのはFree 1.0とBeta 3.0。

ちょっとバージョンが飛んでいるけど・・・あまり気にしない方向で。

 

 

 

 

ひとまずおさらい的に。

【MiniTool ShadowMaker Free】入れてみた

【MiniTool ShadowMaker】BETA 3.0の使い心地

 

 

ダウンロード

 

まずはダウンロードしなくては。

 

“MiniTool ShadowMaker”でググって、

相変わらず上から3番目にある俺の記事にニヤニヤしながら・・・

 

ググると

っつーか、MiniTool社のページより上にあるのか俺の記事。

 

リンク先はトップページではなかったので、左上のロゴマークをクリックしてトップページへ。

移動しなくてもそこから落とせたことに後で気づいたw

 

英語は読むのが疲れるので右上の言語をクリックしたら、日本語ページがあったので

良い仕事してますね と移動。

 

そこからダウンロードのページに行くと

 

ない・・・

お気に入りも何も、ないんですけど。

 

トップページに戻って

 

押せないw

項目はあるけど押せない。

 

 

製品一覧にもないやっぱりない

そして製品一覧にもない。マジか。

 

 

英語のページに戻ろうと思ったら、言語選択のプルダウンがない。

一方通行っ・・・・! 圧倒的一方通行っ・・・・!

 

 

大人しく英語ページから辿ってダウンロードページに行きましょう・・・。

 

 

使ってみる

 

見た目はFree 1.0やBeta 3.0とほとんど変わらず。

ちゃんとHELPを読んでから使え という考え方もあるけど

サッと使うにあたり、直感的に”何”ってわかるUIは大切。

その点、このシリーズは良いUIだと思う。全てを理解するには多少専門知識が必要だけど。

Macrium Reflectはちょっと(?)ゴチャゴチャしててわかりにくい。

 

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】最初の画面

起動して最初の画面。

Remoteが使えるようになったか期待してみたけど、やっぱりFree版では使えず。

なくて困る機能でないことはBeta 3.0でわかったので気にしない。

 

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】[Home]

Free 3.0には以下の機能がある。

新機能の「Sync」以外はFree 1.0/Beta 3.0と同じ。

 

 

Backup

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 Backup

Free 1.0/Beta 3.0と同じくバックアップルールの設定を行う。

左の「Source」からバックアップ対象を、右の「Destination」にバックアップ先を設定する。

バックアップ対象はディスク/パーティションと、任意のフォルダを選べる。

任意のフォルダ選択はFree 1.0/Beta 3.0ではできなかったはず。

良きかな良きかな(・∀・)

 

ScheduleはDaily、Weekly、Monthlyから選べる。On Eventは相変わらずFree版では使えない。

 

SchemeはFree版ではFree 1.0同様、Incrementalしか選べない。

 

 

 

Sync

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 Sync

3.0からの新機能。

任意のファイル・フォルダを別のディレクトリに同じ構造にコピーする。

ローカルのファイル・フォルダをNASや外付けストレージにバックアップする想定のようだ。

 

“Sync”って日本語にすると同期だから勘違いしそうだけど

「Source」で指定したファイル・フォルダと「Destination」の中身を一緒にする

という一方通行なので、「Source」になくて「Destination」にあるものは

問答無用で消される

双方向でチェックして最新ファイル・フォルダとして「Source」「Destination」が

同じようになる という機能ではないので注意。

 

ヘルプを見ると”もしファイルを復元したかったら[Restore]から「Locate」を押す 云々と

書いてあるけど、「Destination」が開くだけで、戻すのは手動。雑だなぁw

そのままコピーするのかと思いきや、コピー先に変なディレクトリを作って

その配下にファイル・ディレクトリをコピーしている。

なんか制御用のファイルも作るし。

 

これはちょっと使えないな・・・。

しかもこのアプリが常駐することになるし。

 

ScheduleはBackupの時と同じようにDaily、Weekly、Monthlyから選べる。

On Eventが使えないのも同様。

 

 

Restore

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 Restore

バックアップしたものを元に戻す時に使う。

頻繁に使うモノでもないし、幸いなことに使う必要に迫られた事がないので未使用。

 

 

Manage

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 Manage

以前実施したバックアップや同期を再度同じ設定で実行する事ができる。

画面はまだ何もやってないから表示されていない。

 

 

Logs

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 Logs

説明する必要もないと思うけど、実行結果がログに残る。

 

 

Tools

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 Tools

む・・・減ったな。

「Browse」と「Verify」がなくなったのか。

「PXE」と「Command-Line Interface」がFree版で使えないのもFree 1.0と同様。

 

 

バックアップ比較

 

MiniTool ShadowMaker Free 3.0 と Macrium Reflect 7.2.3825 を比較してみよう。

普段は見えないDELLのパーティション(ESP)とCドライブを対象にして

フルバックアップ(Free 3.0は前のバックアップがないので自動的にフルになる)を実施。

 

 

【MiniTool ShadowMaker Free 3.0】 バックアップ結果

MiniTool ShadowMaker Free 3.0の結果(所用時間17分3秒)

 

 

【Macrium Reflect】バックアップ結果

 Macrium Reflect 7.2.3825の結果(所要時間11分36秒)

 

同じ物をバックアップしたはずなのに、結構差が出た。

 

続いてバックアップして固められたファイルを比較。

 

左が Macrium Reflect 7.2.3825、右がMiniTool ShadowMaker Free 3.0

左が Macrium Reflect 7.2.3825、右がMiniTool ShadowMaker Free 3.0

 

3.7GBも違うのだが・・・。

データだけではなく色々くっつけているのかもしれない。

 

 

その他

 

Free 1.0やBeta 3.0で発生していた外付けストレージを掴んだままになる問題。

今回のFree 3.0では解消していた。

流石におかしいと気づいたのかな。

 

 

結論

 

アレもコレも と多機能を求めなければ、OSのバックアップアプリとして充分使える。

これから探すのであれば手っ取り早くコレで良いと思う。

 

俺は残念ながら自宅PCをMacrium Reflectに統一してしまい

全部入れ直すのが面倒 という思いが勝っているので使わないけど。

 

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています



カテゴリー: ソフトウェア タグ: , , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です