マウスの性能比較

Logicool G304のレビュー記事を読んでいる中で見つけた”マウスの性能を測る”アプリ。

 

税込5000円台で買えるゲーマー向けワイヤレスマウス「G304」ミニレビュー。Logicool Gの意欲作が持つ性能は期待どおりか? – 4Gamer.net

 

初めて見たのはこの記事だけど、他のマウスの性能を測るときにも使っているので

なかなか良いなと使ってみることに(・∀・)

 

 

そのアプリの名前は MouseTester 。そのまんまやないかいw

 

MouseTester Software – Overclock.net – An Overclocking Community

 

URLがフォーラムの中っぽいので、リンク先はココで良いのか悩むが・・・細かいことは気にしない。

現在の最新バージョンは1.5.3。

ダウンロードはココから。

 

 

このアプリからわかるのはセンサー(とそれを処理する能力)の性能。

 

アプリを起動するとシンプルな画面が。

 

【MouseTester】アプリの画面

実にシンプルである。

 

「Enable dual devices」はよくわからんし、今回関係ないから無視(何

「Description」は表示名。テキトーに。

「Resolution」はマウスのDPIに合わせてテキトーに。

後は使わないのでテキトーに(さっきからそればっか

 

F2でスタート/ストップ。

マウスを左右に動かしてセンサーの値を読み取る。

 

画像検索するとみんな綺麗なカーブになっているんだけど、俺の所ではそうならない(ノ∀`)

「左右に振る」と記事には書いてあったけど、それでは綺麗なカーブにはならないんだが・・・。

あと、点の数が少ないのはポーリングレートが低いからどうしようもねーやw(・∀・)

 

 

人の操作が入るので歪な形になるけど、まぁそこまで厳密に見ないから気にしない。

一発勝負だと正しい情報が得られないので3回測定している。

※それでも少ないけど、傾向がわかれば良いかなと。

チェック対象は、ちょうど手元にあるこの3つのマウス。

  1. Logicool m905r
  2. Mad Catz R.A.T.M
  3. ZERODATE X90

測定する前から嫌な予感が。

 

どれぐらいの速さで動かしたら良いのかよくわからないのでテキトーに。

差が出ないように同じように動かした(つもり)

 

 

1. Logicool m905r

 

チャタリングが起きやすいという致命的な欠点があるけど、

レーザーだし優等生的な結果になるに違いない(思い込み

 

【Logicool m905r】1回目

1回目

 

 

【Logicool m905r】2回目

2回目

 

 

【Logicool m905r】3回目

3回目

 

動かすのが速すぎたかもしれんw

 

全体的に大きく外れたのはないけど、3回目の3秒頃に1つ飛んでる。

こういうのがない方がセンサーの性能が良い と言える。

3回目の最後が変なのは、マウスの動きを止めてから記録ストップを押すまでに少し時間があったから。

 

ひとまずこれをベースとして他の2つを試してみましょう。

 

 

2. Madcatz R.A.T.M

 

最初から嫌な予感w

 

【Mad Catz R.A.T.M】1回目

1回目

 

 

【Mad Catz R.A.T.M】2回目

2回目

 

 

【Mad Catz R.A.T.M】3回目

3回目

 

測定中はカーソル飛び病はまだ発生していなかったんだけど、

それでも結構飛びまくっていて、お世辞にも褒められたもんじゃない。

やっぱりイマイチなのか、このマウス(´・ω・`)

 

もっと酷い結果になることを期待して、Bluetoothで接続しようと試みたけど

全く繋がらない。とにかく繋がらない。ナンデヤネン。

 

 

3. ZERODATE X90

 

さぁ気になる約1,100円のゲーミングマウスw

 

 

【ZERODATE X90】1回目

1回目

 

 

【ZERODATE X90】2回目

2回目

 

 

【ZERODATE X90】3回目

3回目

 

ネタ的には「全く飛んでない!凄ぇ!」と持っていきたかった所だけど

残念ながら大きく2回飛んでるし、折り返しの時に乱れている。

あと中央の辺りは何故かプロットされていない。

3回とも発生しているから偶然ではないんだろうけど、原因がわからない。

 

でもR.A.T.Mよりずっと良好に見える

R.A.T.Mはレーザーだぞ・・・。

 

 

X90ってどうなのよ?

 

価格を考えるとX90は全く侮れないマウスと言えそう。

正直ここまでとは思っていなかった。

 

届いてから数日間、毎日ガシガシ使って気づいたことがいくつか。

 

・表面のラバーコート(?)はやっぱり汚くなる

油分が付くと特に。

あー、ヤバいなぁコレ。

ベタベタになるヤツだよ・・・。

 

・マウスのスリープからの復帰は動かすだけじゃダメ

しばらく動かさないとスリープに入るんだけど、センサーが寝るので

マウスを動かしただけではダメで、ボタンを押さないといけない。

でも、即復帰するのはナイス。

 

・超精密な操作は厳しい

カーソルの動きが荒いし若干の遅延があるので厳しい。

流石にこの価格帯のマウスにそれを求めるのは酷だけど。

 

・バッテリーは100時間ぐらい?

使わない時も電源をOFFにせず放置する運用で100時間ぐらいは使える感じ。

バッテリーは600mAhとのことなので、まぁそんなもんかな?

 

※耐久性に関しては引き続き検証していく。

 

 

未検証のものは置いといて、かなりコスパは高いと思う。

俺的には”アタリ”で気に入った(・∀・)

 

 


 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています



カテゴリー: ガジェット, ソフトウェア, ハードウェア タグ: , , , , , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です