【USB】送風機

前にも話題にしたけどPCの状態を知るために、Open Hardware Monitorを使っている。

 

Open Hardware Monitor

 

 

 

起動するとこんな感じ。

 

Open Hardware Monitor

温度とか消費電力とか容量とかが出る。

 

RAIDカードに接続しているもの等(PCIe上のM.2とか)全部が見られるわけではなく、

温度が表示されなかったり、そもそも何も出てこなかったりするのは仕方がないのか。

 

特に気をつけたいのは温度なので、デスクトップに温度計を出している。

 

Open Hardware Monitor ガジェット

 

なんか温度高くね?

 

このCPUが通常どんなもんか知らないけど、常時60度以上って結構高いような・・・。

 

念のためにintelで確認してみるとTjunctionは100度となっている。

すげー、そんなとこまで耐えるんだ・・・(;・∀・)

 

 

とはいえ温度は低いに越したことはないので、やっぱりFANが必要だ。これからの季節。

っつっても昨年は無しで夏越してるけどw

ただAmazonで売っているような冷却台(?)

 

  • 品質
  • 耐久性
  • 騒音

全てが怪しいので、却下。

 

効果は薄いけど、要はノートPC底面の換気をすれば良いような気がするので

USB駆動のFANを作ろうと。

 

USB to 3pin

何かからもぎ取ったUSBケーブルにFAN用の3ピンコネクタをくっつけて完成w

 

真ん中が5V、左右のどっちか(雑)がGND。

 

 

12cm FAN@SilenX

以前メインPCのラジエターを冷却していたSilenXのFAN。

 

2009年に交換したので・・・よく残ってたなw

普通は12V駆動だけど、5Vで動くFANは割と多いと思う。これもその1つ。

自宅で余らせていたセルフパワーのUSB HUBを持ってきたので、電源はそこから拝借。

 

ゆるゆると風を送ってくれるので、騒音もほとんどなし。

 

ノートの後ろ側を少し持ち上げてあるので、そこから風を送るように設置。

効果はあるかわからないけど、机とPCの隙間から風が出てきているので

気休め程度にはなるでしょうw

 

 

[]

 



この記事を読んだ方はこちらも読まれています

カテゴリー: DIY, ガジェット, ハードウェア タグ: , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です