【DAP】DAP探し (2) – 調査(価格.com編) –

楽しい物色モード。

 

真面目に探すのがメインだけど、Amazonで怪しいデバイスも探したいなw

 

 

 

 

最初、管理アプリが一緒の方が都合が良いと思ってSONYを調べてみた。

WMシリーズやZXシリーズは今と同じデカい(重い)&高いので即除外。

 

Aシリーズは機能的にはOKなんだけど、やや大きいのが難点。

※大きさはiPhone SEより一回り小さい程度。厚さは1.5倍ぐらいある

うーん・・・良い線行ってるんだけどなぁ。

 

SシリーズはコンパクトだけどBluetoothのコーデックがSBCしかないので却下。

 

というわけで、SONY消えたー

 

 

価格.comで調べてみる

 

まずは王道、価格.comで条件を絞って検索してみる。

条件は

  • ハイレゾ
  • Bluetoothコーデック:aptX

・・・を価格の安い順(デフォルト値)に。

 

13,200円からのスタートでビビるw

そんな価格帯でハイレゾ!?

 

順に見ていきましょう(・∀・)

 

 

FiiO M5

 

■メーカーリンク

 

DAPでは割と有名な部類に入るFiiOの最近(2019年9月)出たばかりのモデル。

 

大きさは 45.3×42×13.7 mm / 38 g。

iPod nano 6thが 37.5×40.9×8.78 mmなので一回り大きい程度。

素晴らしい。

 

音は結構良いようで評価もまずまず。

チップは旭化成エレクトロニクス(AKM) AK4377。

 

Bluetoothが不安定(繋がりにくい/繋がらない)という意見が目に付く。

あとUIがダメらしい。ファームで改善して欲しいところ。

 

容量は使用するmicroSD次第。

安いものは内蔵メモリ無しでmicroSDという機種が多い。

32GB程度であれば1,000円前後なので、追加費用もたいしたことがない。

安くなったよなぁ・・・。

 

価格は前述の通り、13,200円。

安い。とにかく安いw

 

 

Cayin N3

 

■メーカーリンク

 

Cayinは「奇抜なデザインのDAPを作っている会社」というのが俺の持つイメージだけど

このモデルはスッキリとしたデザイン。

N6なんて結構キてるデザインw

N3はなんかSONYっぽい感じもするけどw

 

大きさは 100×54×13 mm / 100 g。

苦にはならないと思うけど、やや大きめか。(SONYのA55に近い)

 

エージングをキッチリしたらナチュラルで良い音とのこと。

チップは旭化成エレクトロニクス(AKM) AK4490EN。

 

HiBy Linkという機能を使ってスマホから制御を行えるのが面白いところ。

ちなみに電池の持ちはカタログスペックより少ないようだ。

 

こちらも容量=microSDカードの容量。

 

価格は13,387円。やっぱり安いw

 

 

SHANLING M0

 

■メーカーリンク

 

前に話題にしたDAP。

 

【DAP】SHANLING M0

Bluetoothのコーデック、以前はSBCとLACだけと書いていたけど、

aptXにも対応していた。

どうでも良いけど、スペックとか機能を画像にしないでもらいたい。

検索で引っかからないんだよ!

 

大きさは 45×40×13.5 mm / 38 g。

FiiO M5と良い勝負。デザインも悪くない。

 

音はフラット系で良い模様。

やるなチャンリンシャン(違

 

これもmicroSDカードが必須。

 

ダメなところをファームのバージョンアップで改善しているようなので

その姿勢は評価できるのではないだろうか。

 

価格は14,353円。安いw

 

 

SONY NW-A45

 

■メーカーリンク

 

現行モデル(A55)の1つ前の型。

サイズは 97.5×55.9×10.9 mm / 98 g。

Cayin N3と同じような大きさだ。ちょっと大きいよなぁ・・・。

ので、詳細は調べず。

 

 

Hidizs AP80

 

■メーカーリンク

 

DAP沼に足を突っ込まない限り知ることのないメーカーw

2009年設立の新しい会社。

5年前に同社AP100を試聴していた。

 

DAPも試聴

大きさは58×49×13.5 mm / 70 g。

FiiO M5やSHANLING M0より一回り大きい。

 

バランスの良いニュートラルな音とのこと。

チップはチャンリンシャンSHANLING M0と同じESS ES9218P。

評価もまずまず。

 

こちらもCayin N3と同様HiBy Linkが使用できる。

でもBluetooth接続だよなぁ?

イヤホンもBluetoothなのに大丈夫なのか。

 

microSDカードが必須。

ここまでで本体メモリ搭載しているのSONYだけだな・・・。

 

価格は17,190円。安いなぁw

 

 

以降

 

これ以降はSONY A45系のイヤホン付きモデル、SONY A55 と続いて

その次から20,000円を超えてくるので、ここでいったん調査終了。

 

 

大きさを我慢して無難にSONYに行くか、中華DAPにするか・・・。

To Be Continued

 

 



この記事を読んだ方はこちらも読まれています

カテゴリー: オーディオ/ビジュアル, ガジェット, 音楽 タグ: , , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です