【PC】ポンプ電源

今回新たに使用したLaingのポンプ、前までと電源周りが違った。

 

昔のはペリフェラルコネクタ(4ピンのアレね)とFANの3ピンコネクタの両方があった。

新しい方はFANの3ピンのみ。

 

 

 

 

今まではペリフェラルコネクタを使っていて、FAN3ピンは放ったらかしてた。

今回FAN3ピンだけになったので、今まで使っていたペリフェラルコネクタから

FANのオマケ(?)で付いてくる変換ケーブルを噛ました。

 

それで良いやと最初は思っていたんだけど、M/Bにはポンプ用のヘッダが2つ付いている。

こっちから電源取った方が良いんじゃないか?

(3ピンなんで電圧だけとはいえ)速度制御とかできるし。

 

問題はケース内からどうやって外に出すかってのと、その距離を満たすケーブルがない って事だ。

 

パーツ箱から3ピンのケーブルを探すと、まぁ出てきたんだけど

 

3ピン ケーブル

こんなんじゃなぁw

多分FANコン付属のケーブル

 

美しくないし。

そもそも届かないし。(ちなみにコレは50cm)

 

コネクタは以前大量に買ったので作るか(・∀・)

 

FANコネクタ

 

久しぶりの作業で勘が鈍っていたけど完成。

 

YO$HI特製 FANケーブル

スリーブに入れてケーブルのばらつきを防止

 

長さは約90cmだけど余裕はあまりなかった。

 

3ピン全て結線

3ピン全てを結線させてスリーブに入らないかと思ったけど、ギリ入った。

思ったよりケーブルが硬くならなくて良かった。

 

 

で、どうやってケース内外を繋ぐか少し考えて

 

ブラケットを加工

ブラケットの加工に決定

 

メインPCのケースはアルミ至上主義時代のもので、このブラケットもアルミなので加工しやすい。

ドリルとテーパーリーマー大活躍。

 

というわけで、無事ケース内から電源を確保することができた。

 

アプリから回転数を見たり、温度に対する回転数とか設定できるけど、

ひとまずは標準設定で様子見。

 



この記事を読んだ方はこちらも読まれています

カテゴリー: DIY, PC, ハードウェア タグ: , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です