【PC】XMP

調べ物をしている時に目にしたキーワードXMP(Extreme Memory Profile)。

 

メモリモジュールに設定されているオーバークロック(OC)用(?)の設定値。

 

 

 

 

メモリの型番などに現れる規格そのままではなく、定格(SPD)で動いている。

例)メモリはPC3200(3200MHz):SPDは2133MHz

UEFI(BIOS)で意図的にXMPを読むように設定しないと2133MHz駆動のままになる。

 

 

あれ・・・俺、今まで意識してなかったぞ?w

安全に動かす という意味では設定を変えないのは正しいと思うけど。

 

DELLのノートはDDR4-2400のメモリだけど、実際には2133で動いている。

確認してみたけどオーバークロック扱いになる項目などあるはずもなくw

 

 

気になったのがサブ機。

BIOSの設定は使わないものをDisableにする程度しか変更していないので

XMPの項目は見ていなかった。

そもそもどんな速度で動いているのかも確認していなかったw

 

自宅に戻ったら確認しないと。

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています



カテゴリー: ハードウェア タグ: , , , , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です