逆転現象 -ベンチマークとゲームの快適さ-

数値と実感が違う というのはよくあることだと思う。

 

久しぶりに盛大に「!?」となったのでちょっと紹介w

 

 

 

 

みんな大好き(?)ベンチマーク。

その端末の戦闘力性能を測ることができる優れ物なのよ。

基本的には数値が大きければ大きい程良い。わかりやすい。

 

というわけで、手持ちのスマホ/タブレットから抜粋して

ベンチマークアプリであるAntutuの結果を列挙する。

(一部ガルマックスさんの所の値を使用@灰色)

 

メーカー/機種名 SoC コア数 メモリ 総合 3D
HTC U12+ Snapdragon 845 8 6GB 271,119 106,170
HTC 10 Snapdragon 820 4 4GB 166,373 62,177
SONY Xperia Z3 Snapdragon 801 4 3GB 60,085 6,537
Apple iPad Pro 10.5 A10X Fusion 6 4GB 276,352 118,488
HUAWEI MediaPad M5 8.4 Kirin 960 8 4GB 182,172 63,198
HTC Nexus 9 Tegra K1 2 2GB 130,027 51,792
ASUS MemoPad7 Atom Z3560 4 2GB 59,951 14,690

 

実機持ってるんだから測定しろよという意見もあるだろうけど・・・ただ面倒なだけです。

 

この中でブチ抜けているのはU12+とiPad Pro 10.5。

Z3が割と残念なことになっている。Snapdragonの800系なのに(ノ∀`)

そして・・・Nexus 9頑張ってる!

2コアなのに超頑張ってる!!

 

 

で、体感はどうなのかということで、暁のエピカ(一応重め?の3Dゲーム)を動かしてみる。

  • iPad Pro 10.5
    → 超快適。流石。
  • MediaPad M5 8.4
    → キャラが多い場面ではカク付くけど概ね快適。Vulkan効いてるのかな。
  • Nexus 9
    → 何故か標準の「解像度 中」の設定でも画面が粗い。(高にすると普通)
    割とカク付く。
    時々ゲームが固まる。これはゲーム側のせいである可能性もあるけど、他のタブレットは大丈夫。
    発熱が凄い。Max2.5GHzでブン回してるんだろうなぁ・・・。
    ずっと使っていると音が割れて、高速再生になる。ワケわからんw
  • HTC U12+
    → 超ヌルサク。画面が小さいから字が読みにくいのは仕方ないところ。
    ゲーム側が2:1の画面比率を想定していなかったのか、左右に隙間が空くw
  • HTC 10
    → こちらもヌルサク。画面が(ry

 

意地悪で性能の低いZ3とMemoPad7に入れて動かしてみた。

  • Z3
    → 普通に動く。結構ヌルサク。
    長時間動作は検証してないけど発熱で落ちる可能性はある。
    (カメラを起動すると猛烈に発熱→ダウン する機種なので)
  • MemoPad7
    → いつもはケリ姫スイーツ端末(何
    「こりゃ酷ぇ、話にならないわ」を期待していたんだけど、標準設定で普通に動く
    というか結構ヌルサクなんですがw

 

 

・・・というわけで、

 

Nexus 9が酷いw

ベンチの結果はなんだったんだ。

コアの少なさが体感に直結しているのか。

グラフィック性能が高いはずなのに、標準設定で画面解像度が低かったりするのが謎。

 

ゲームじゃなくても普通に使ってるだけで結構モッサリしている。そして熱いw

なんか変な物動いてるのかと調べてみても、そんな様子はないし・・・。

残念だ。実に残念だ(ノ∀`)

 

この記事を読んだ方はこちらも読まれています



カテゴリー: Android, iPad/iOS, ガジェット, ハードウェア タグ: , , , , , , ,  [パーマリンク]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です